メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

となりのファーマー

/41 中谷農園(大阪府河内長野市) 元気も直売、言うことナシ

中谷仁大さんは試行錯誤しながら新しい品種を栽培する。接ぎ木するので、1本の木に違う品種がなる=大阪府河内長野市で、松井宏員撮影

 大阪府河内長野市は実は古くからのナシの産地で、収穫量は府内1位。シーズンを迎える「小山田 中谷農園」のナシ畑にお邪魔した。

 園主の中谷仁大(よしひろ)さん(35)と直売所で待ち合わせ。4、5年前に新しくした直売所は結構広くて冷房も入り快適。園主の気合が伝わってくる。訪ねたのは8月初めで、桃のシーズンの終わりかけ。午後2時からの販売を待ちかねた人たちが、次々に車やバイクで桃を買いにやって来る。中には「ナシはまだ?」とせっつく人も。「今月中ごろからやね」と中谷さんが応じる。

 買い求めた白桃を後で賞味すると、そのみずみずしさと甘さにほっぺたが落ちそう。お客さんが引きも切らな…

この記事は有料記事です。

残り1392文字(全文1680文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです