特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第101回全国高校野球

第13日 履正社が決勝進出

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【履正社-明石商】一回表履正社無死三塁、池田が先制の左前適時打を放つ=森園道子撮影
【履正社-明石商】一回表履正社無死三塁、池田が先制の左前適時打を放つ=森園道子撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は第13日の20日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で準決勝2試合。朝まで降った雨の影響で開始が約1時間遅れた第1試合は、履正社(大阪)が明石商(兵庫)に快勝し、22日の決勝に進出した。履正社が甲子園で決勝に進むのは、ともに準優勝だった2014年と17年のセンバツに続いて3度目で、夏は初めて。第2試合は初の準決勝突破を狙う中京学院大中京(岐阜)と、準優勝した第77回大会(1995年)以来2度目の決勝進出を目指す星稜(石川)の顔合わせ。

 ▽第1試合=準決勝(午前10時1分開始)

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文808文字)

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る