メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小牛田空襲・74年目の記憶

機銃掃射の音、今も耳に 田んぼの中、迫る飛行機6機 /宮城

機銃掃射を受けた飛行機が飛来した西方向を指さす斎藤利春さん。飛び込んだ田んぼは、住宅に変わっている=宮城県美里町北浦で

 少なくなった1945年8月9、10日の「小牛田(こごた)空襲」体験者を、美里町で訪ね歩いた。「平成の合併」で同町の一部になった旧小牛田町はかつて、旧国鉄東北線小牛田駅を中心に鉄道の町として栄え、周辺は田園地帯だった。

 空から町を襲った一つは、飛行機からの機銃掃射だった。

 斎藤利春さん(85)=美里町藤ケ崎=は、田んぼの中の砂利道での体験を語ってくれた。駅西口近くの商店街に住んでいた斎藤さん一家は戦争…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです