メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪パラの来る街で

松戸シティフィルハーモニー管弦楽団、ルーマニアの空気味わって ホストタウン、演奏会で盛り上げ /千葉

尾崎晋也さん(中央)と練習に励む松戸シティフィルハーモニー管弦楽団の団員たち=千葉県松戸市で

 2020年東京五輪・パラリンピックを盛り上げようと、松戸市の市民オーケストラ「松戸シティフィルハーモニー管弦楽団」は9月15日、同市がホストタウンとなるルーマニアの作曲家エネスクの2曲を含むコンサートを「森のホール21」(同市千駄堀)で開く。ルーマニアの二つの国立管弦楽団で常任指揮者を務める尾崎晋也さんがタクトを執り、「音楽を通してルーマニアの空気を味わってほしい」と来場を呼びかけている。

 松戸シティフィルハーモニー管弦楽団の若井敦史団長は「ルーマニアで活躍している尾崎さんに直接指導してもらい、ホストタウンとなる松戸市を応援したい」と期待を込める。尾崎さんが2年前に帰国して東京で公演を行った際に依頼して実現したという。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです