メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦跡を訪ねて2019

/3 厚木空神社 神奈川県大和市 精鋭航空隊「反乱軍」に /東京

地元出身の戦没者も合祀(ごうし)され、靖国社となった厚木空神社。後方の石碑には「雄飛」の2文字が刻まれている=神奈川県大和市の深見神社境内で

 約1500年前の創建と伝えられる延喜式内社、深見神社(神奈川県大和市)の鳥居をくぐる。スギやカヤ、シラカシの木立を背にした本殿に向かって左手、「なんじゃもんじゃの木」と呼ばれる御神木のすぐ横に、小さな境内社が建っている。石碑刻銘は「靖国社」。だが裏側に「厚木空神社」とある。社(やしろ)の由来を知る人には、こちらがなじみ深い。

 玉音放送から12日後の1945年8月27日夜。旧日本海軍の第302航空隊(302空)の西沢良晴大尉…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです