メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際交流員

2人着任 美濃加茂市初 多文化共生係に配属 /岐阜

美濃加茂市の国際交流員として着任したジャレ・ホフマンさん(左から2人目)とグレース・タンポコさん(同4人目)ら=岐阜県美濃加茂市役所で

 美濃加茂市初の国際交流員となるオーストラリア国籍のジャレ・ホフマンさん(23)と、フィリピン国籍のグレース・タンポコさん(39)がこのほど着任した。市は人口の約9%にあたる約5000人の外国人が居住しており、2人は多文化共生係に配属され、外国人担当専門職として活躍が期待される。

 2人は、政府のJETプログラムで招かれ美濃加茂市へ派遣された。任期は3…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN所属事務所、直井由文の不倫報道を謝罪「本人も心から反省」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです