メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹後グリーンバイオ

巨額補助金受け設立 経営者が次々に交代 京丹後市議会委で質疑 「事業目標はチェック」市答弁 /京都

次々と経営者が交代している丹後グリーンバイオ。住民は「本来の事業目的が達成されているか」と問うている=京都府京丹後市大宮町森本で、塩田敏夫撮影

 京丹後市議会産業建設常任委員会は19日、次々に経営者が交代している株式会社丹後グリーンバイオ(同市大宮町森本)について市の対応をただした。荒廃が進む森林整備や間伐材を活用したウッドチップの生産などを目的に国、府、市合わせて総額2億円以上の巨額の補助金を投入して設立された会社で、市は経営には直接関与できないが、事業目標の達成状況をチェックする考えを示した。【塩田敏夫】

 丹後グリーンバイオは資本金1000万円。2013年6月、丹後地区森林組合ほか7者が発起人となって設…

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1125文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです