メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

研究現場は今

第1部 博士/5 キャリア、多様な選択肢を 講座開き経験者の話聴く /京都

京都大大学院生命科学研究科の講義で、博士号を取得した後のキャリアパスと、博士の意義について語る中原剣さん(左奥)=京都市左京区の同大で、菅沼舞撮影

 京都市左京区の京都大吉田キャンパスの一角で7月、博士号取得後のキャリアパスに関する講座が開かれていた。講師は高い専門性を持ちながらもアカデミア(大学・研究機関の教員・研究者など)以外の道を歩む理系の博士人材で、対象は京大大学院生命科学研究科の博士課程の院生だ。研究の合間を縫って20人ほどが参加し、「先輩」の経験談に耳を傾けていた。

 最先端のバイオサイエンスをリードする京大大学院生命科学研究科ではここ数年、博士課程進学者の減少が課題となっている。新卒採用が圧倒的多数の日本では、博士人材は「専門性が高いが視野が狭く扱いにくい」「年齢が高く給料も高い」などの先入観を持たれがちで、一般企業への就職が難しい。アカデミアの受け皿も足りないとなれば、博士課程進学は敬遠されてしまう。講座は博士号取得後の多様なキャリアの選択肢を紹介すること…

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1336文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです