れいんぼう作品展

自閉症児、筆振るう 舞鶴 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 舞鶴市内の自閉症児たちが思いを込めて書いた「れいんぼう作品展」が19日、舞鶴市役所1階市民ホールで始まった。4歳児から成人までが筆を振るった書道約40点が展示されている。展示は9月5日まで(土日休み)。

 「れいんぼう」は2007年、自閉症児・者と保護者同士の情報交換の他、地域の人たちに自閉症について正しく知ってもらおうと結成したグループ。自閉症児・者たちが住み…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

あわせて読みたい

注目の特集