メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際交流員

カザフの文化紹介 橿原市が採用 /奈良

奈良県橿原市の森下豊市長(左)にあいさつするブケジャノヴァ・サニヤさん=同市役所で、藤原弘撮影

 来年の東京五輪・パラリンピックに向け、橿原市はホストタウン相手国・カザフスタン出身のブケジャノヴァ・サニヤさん(27)を国際交流員として採用した。今月5日から1年間、市スポーツ推進課に在籍し、自国の文化の紹介などに取り組む。

 サニヤさんは小学生の時、日本のアニメや音楽に興味を持ち、自国の大学を卒業…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文369文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです