ヨルダンカフェ

「中東のイメージ変えたい」 元青年海外協力隊員の鬼丸さん、オープン みやま /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ヨルダンのことを知ってほしい」と話す鬼丸さん
「ヨルダンのことを知ってほしい」と話す鬼丸さん

営業月、水曜日 「本場の料理を」

 廃校になった小学校を整備して5月にオープンしたみやま市のチャレンジ施設で、青年海外協力隊員としてヨルダンに派遣された鬼丸武士さん(31)=大牟田市手鎌=のカフェ「ターメルコーヒー」がオープンした。鬼丸さんは「料理を通して、中東といえば怖いというイメージを変えたい」と話す。【井上和也】

 大学卒業後に大川市の病院で理学療法士として4年間働いた後、「海外を見たい」と青年海外協力隊に応募。第3希望で「どこでもいい」と書いて決まった中東のヨルダンが、人生を大きく左右することになる。

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文698文字)

あわせて読みたい

注目の特集