メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者塾

医療の疑問にやさしく答える 心不全の気づき方/上 /福岡

塩分や水分制限している人の熱中症対策について、それぞれ専門の立場から意見を交わす出席者

 ■今回のテーマ 心不全の気づき方

 第234回患者塾は「あなただって危ない 心不全の気づき方」のテーマで6月22日、福岡県水巻町の遠賀中間医師会館で開かれた。心臓がきちんと働かないために息切れやむくみが生じ、寿命を縮める心不全について、予防や治療への考え方を専門医が説明した。また猛暑の中、心不全や高血圧などで塩分や水分を制限している場合の熱中症対策についても話が及んだ。【まとめ・長谷川容子】

この記事は有料記事です。

残り1504文字(全文1701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです