メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者塾

医療の疑問にやさしく答える 心不全の気づき方/上 /福岡

塩分や水分制限している人の熱中症対策について、それぞれ専門の立場から意見を交わす出席者

 ■今回のテーマ 心不全の気づき方

 第234回患者塾は「あなただって危ない 心不全の気づき方」のテーマで6月22日、福岡県水巻町の遠賀中間医師会館で開かれた。心臓がきちんと働かないために息切れやむくみが生じ、寿命を縮める心不全について、予防や治療への考え方を専門医が説明した。また猛暑の中、心不全や高血圧などで塩分や水分を制限している場合の熱中症対策についても話が及んだ。【まとめ・長谷川容子】

この記事は有料記事です。

残り1504文字(全文1701文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです