メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

久見崎盆踊り「想夫恋」

帰らぬ夫、恋しく手招き 慶長の役の戦死者しのぶ 薩摩川内 /鹿児島

手招きのような所作で帰らぬ男への気持ちを表現する踊り手

 1597年の豊臣秀吉の朝鮮出兵(慶長の役)に出征し、戦死した男たちをしのぶ鹿児島県薩摩川内市久見崎(ぐみざき)町の盆踊り「想夫恋(そうふれん)」(県無形民俗文化財)が16日、地元に建つ慶長の役記念碑前であった。

 慶長の役の際、薩摩の武将、島津義弘は約50隻の船で将兵を率いて久見崎から朝鮮に向かった…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです