メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

拝謁記

昭和天皇、戦争への悔恨 「反省といふ字どうしても入れねば」 表明実現せず

昭和天皇

 終戦後の初代宮内庁長官だった田島道治が在任中の昭和天皇とのやりとりを詳細に記した文書が明らかになった。昭和天皇は戦争への強い反省の気持ちを1952年5月の独立回復式典で表明しようとしていたほか、独立前後に再軍備や憲法改正の必要性に言及するなど象徴天皇となっても政治的な意見を首相に伝えようとしていた。これまでの研究で指摘されていた内容もあるが、昭和天皇の生々しい「肉声」が表面化するのは珍しい。宮内庁が編さんした「昭和天皇実録」にない内容も多く、占領期や象徴天皇制の成り立ちなどを考える貴重な資料となりそうだ。【和田武士】

この記事は有料記事です。

残り1529文字(全文1791文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです