メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

スキージャンプ、なぜ夏もやるの? 空中感覚を維持 「サマー仕様」の会場整備=回答・芳賀竜也

 なるほドリ ノルディックスキー・ジャンプ男子で昨シーズン大活躍した小林陵侑(りょうゆう)選手(22)がまた連勝しているんだって?

 記者 真夏に競技が行われるサマージャンプのことですね。昨季、日本人で初めてワールドカップ個人総合優勝を果たした小林陵選手はこの夏の国内大会で4連勝しました。

 Q 雪がないのにどうやって飛ぶの?

 A 選手がジャンプ台から飛び出す前のアプローチ(助走路(じょそうろ))部分は硬いセラミック製のレールで、着地するランディングバーンには人工芝(じんこうしば)が敷き詰められています。レールには水を流し、人工芝には散水(さんすい)して摩擦(まさつ)を減らし、できるだけ雪に似た環境をつくり出しています。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 全長18.5メートルの巨大クジラ漂着 死因不明 福井・美浜町の海岸

  4. Social Good Opinion 廃棄される花にもう一度命を

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです