メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党

憲法巡る布陣焦点 議論加速へ、現状維持か刷新か

自民党国会議員が就いている憲法関連役職

 9月前半に予定される内閣改造・自民党役員人事で、安倍晋三首相が目指す憲法改正に向けた布陣が焦点になっている。首相は7月の参院選で改憲議論の是非を争点に掲げ、選挙後には「国民の審判は下った」と強調。秋の臨時国会で、野党との協議に臨む陣容は、首相の戦略を反映する。【遠藤修平】

 「自民党立党以来の最大の課題である憲法について、いよいよ国会で議論を本格的に進めていくべき時を迎えていると報告した」。首相は13日、山口県長門市にある父・晋太郎元外相の墓参りをした後、改憲議論の加速に向けた意欲を記者団に語った。

 首相の総裁任期は残り2年余り。自らが掲げる「2020年の改正憲法施行」についても、参院選後の記者会…

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです