メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本企業

相次ぎ中国離脱 対中制裁第4弾に備え、生産拠点移転

 米国の中国製品に対する第4弾の追加関税発動を控え、日本企業が影響を避けるために生産拠点を中国の外へ移す動きが加速してきた。米中の対立は「新冷戦」と呼ばれるほど深刻化し、解決の糸口すら見えない。両大国に挟まれた日本企業はサプライチェーン(部品の調達・供給網)の大幅な見直しを迫られている。

 米国はこれまで年間約2500億ドル(約26兆5000億円)相当の中国製品に対して追加関税を発動済み。第4弾では残るほぼ全ての中国からの輸入品が対象となり、9月1日に発動する。スマートフォンやゲーム機など一部品目の発動は12月15日に延期することを決めたが、実施方針は変わっていない。

 ソニーは、家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)4」やオーディオ機器などが第4弾の対象となる。…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文782文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです