メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

中国経済の転機と人民元=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

田中直毅 国際公共政策研究センター理事長

 米中経済摩擦が深刻化するなか、世界中の株価や外国為替相場は一喜一憂の値動きを続ける。7月の中国の輸出額は6月に続いて対前年同月比でマイナスになると一般的に予想されていたが、3・3%増と発表された。これだけの材料で世界的に株価水準が少し戻った。しかし、今後も回復基調が続くとは考えにくい。あまりにも売り込まれたので、少し買いを入れる筋がいたのだろう。

 対ドル人民元安もめどがつきにくくなった。1ドル=7元の水準がいったん突破されれば、その後の均衡水準…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文723文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです