メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

中国経済の転機と人民元=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

田中直毅 国際公共政策研究センター理事長

 米中経済摩擦が深刻化するなか、世界中の株価や外国為替相場は一喜一憂の値動きを続ける。7月の中国の輸出額は6月に続いて対前年同月比でマイナスになると一般的に予想されていたが、3・3%増と発表された。これだけの材料で世界的に株価水準が少し戻った。しかし、今後も回復基調が続くとは考えにくい。あまりにも売り込まれたので、少し買いを入れる筋がいたのだろう。

 対ドル人民元安もめどがつきにくくなった。1ドル=7元の水準がいったん突破されれば、その後の均衡水準…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです