連載

薫田真広のラグビークリニック

ラグビー観戦をより楽しめるようにルールや用語などを解説します。

連載一覧

薫田真広のラグビークリニック

/1 得点方法は

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ポジションをおぼえよう!
ポジションをおぼえよう!

 <RUGBY CLINIC>

 ラグビー観戦をより楽しめるようにルールや用語などを紹介する新コーナー「ラグビークリニック」。日本ラグビー協会男子15人制強化委員長の薫田(くんだ)真広さん監修の下、知れば知るほど興味の湧く「ラグビーの世界」に迫ります。

 ラグビーは楕円(だえん)形のボールを奪い合いながら、持って走ったり、キックをしたりして相手側のゴールラインへと運ぶ「陣取りゲーム」です。ゴールラインとデッドボールラインの間のインゴールに球を置くと「トライ」になり、5点が入ります。

 トライは英語の「試みる」という意味です。昔はトライをしても無得点で、直後にゴールキックを「試みる」権利を得るとの位置づけでした。このゴールキックは「コンバージョン(変換)キック」と呼ばれ、トライによる権利を得点に変えるものでした。トライした地点から延長線上に下がった任意の位置から狙うことができます。相手ゴールポストのクロスバーを越えると2点になります。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文683文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集