メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

拝謁記

驚き隠せず 研究者「昭和天皇の人間性分かる」 対話形式で発言再現、実録にはない「肉声」も

 初代宮内庁長官を務めた田島道治が昭和天皇とのやり取りを残した「拝謁記」。明らかになった「肉声」に、研究者らからは「対話形式で発言が再現されている」と驚きの声が上がる一方、公的記録である「昭和天皇実録」を編さんした宮内庁の幹部は「検証が難しい」と冷静な受け止めを求めた。【野口武則、和田武士】

 宮内庁が2014年9月に公開した「正史」ともいえる実録では、昭和天皇は敗戦後の退位問題について、1946年3月6日に木下道雄侍従次長に「現状ではその御意志のない旨をお伝えになり」と記すなど同年以降、一貫して退位の意向はなかったとの記述になっていた。しかし「拝謁記」では、昭和天皇が連合国軍総司令部(GHQ)のマッカーサー司令官に退位しない意向を伝えたとされる48年以降も繰り返し言及されていた。

 昭和天皇の思いを記したものとしては46年に側近らが聞き取ったとする「昭和天皇独白録」(公開は90年…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです