東京都

同一の福利厚生適用を 同性パートナー持つ職員、人事委に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 東京都が慶弔休暇や結婚祝い金などの職員向け福利厚生制度を適用しないのは不当な差別だとして、同性パートナーがいる都職員ら2人が19日、都人事委員会に改善を求める措置要求をした。

 2人は都立学校に勤める同性愛の男性教員と、体は女性だが、自身を特定の性別で自認していない外郭団体に出向中の職員。いずれも同性のパートナーと生計を同一に…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

あわせて読みたい

ニュース特集