メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

レガシーの創造者たち/3 選手と企業、橋渡し 雇用コンサルタント・初瀬勇輔

ボートで東京パラリンピック出場を目指す有安諒平(左端)。所属先の東急イーライフデザインのサポートに支えられている=高橋秀明撮影

 視覚障害者柔道の元日本代表、初瀬勇輔(38)は競技を続ける一方で、障害者雇用コンサルタントとしても活動している。競技生活を支援してもらえる就職先を初瀬から紹介された選手は多く、2020年東京パラリンピックの正式種目であるボートのPR3クラス(混合かじ付きフォア)でメダル獲得を目指す有安諒平(32)=東急イーライフデザイン=も、その一人だ。【高橋秀明】

 7月下旬、強い日差しが肌を刺す埼玉県の戸田漕艇(そうてい)場。1964年東京五輪の会場となったボート競技の「聖地」に、日焼けした有安の姿があった。

この記事は有料記事です。

残り1381文字(全文1632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです