メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

ソフトバンク2-1西武 タカ、V見えた

 ソフトバンクが競り勝った。三回にグラシアルの犠飛で同点とし、四回に暴投で勝ち越した。四回から救援した椎野が3回を一人の走者も許さない好投。西武は一回に森の適時打で先取点を奪ったが、その後は打線がつながらなかった。

スクランブル、椎野好投

 試合の流れをソフトバンクへと引き戻したのは、2番手の右腕・椎野だった。

 先発の松本が腰の違和感を訴え、四回から緊急登板。西武の強力打線に対し、196センチの長身から投げ込…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです