メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 大会テーマ凝縮=越智貴雄

 東京パラリンピックの開幕まで、あと1年。多くの方が大会で最初に目にするのは、世界中のアスリートたちが一堂に会する瞬間、「開会式」ではないだろうか。

 入場行進では、民族衣装やお国柄が表れたファッションはもちろん、キラキラした車いすやかっこいい松葉杖(づえ)や義足など、パラリンピックならではの楽しみもある。私が最初に見た19年前のパラリンピックで今でも強く印象に残っているのは、足を切断した選手の一人が、満面の笑みで逆立ちをしながら片手で歩き、もう一方の手で観客に手を振りながら行進する姿だ。

 開会式の演出は、どんなことをテーマにした大会なのかが、ぎゅっと凝縮されている。過去10大会のパラリンピックの開会式を見てきたが、人類の共生をテーマにしたものから徐々にパラアスリートの超人ぶりを意識した演出が多くなってきているように感じる。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです