特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

立憲・国民統一会派 衆院選へ危機感一致も「一枚岩」見通せず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
立憲民主、国民民主の合意内容
立憲民主、国民民主の合意内容

 立憲民主、国民民主両党が20日の党首会談で、衆参両院で統一会派を組むことで合意したのは、連携を強化しなければ次期衆院選への展望を描けないとの危機感が一致したためだ。しかし、両党には政策面の違いがあるほか、主導権争いを続けてきたしこりも残り、一枚岩になれるかどうか見通せない。

 「秋の臨時国会からは安倍政権に、より力強く国会論戦を挑み、次の衆院選では政権の選択肢であることをしっかりと有権者に示したい」。立憲の枝野幸男代表は党常任幹事会で、党首会談の合意内容を報告し、国民との統一会派に期待感を示した。合意内容は異論なく了承された。

 先の参院選で、立憲は改選9議席が17議席にほぼ倍増したものの、結党直後の2017年衆院選で野党第1党へと躍り出た勢いに陰りが見えた。改選8議席を6議席に減らした国民は党勢拡大が見通せない。

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文1081文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る