コニカミノルタ社長「関西を技術者獲得拠点の一つに」 大阪・梅田オフィスオープニングで意気込み

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新オフィスのオープニングセレモニーであいさつするコニカミノルタの山名昌衛社長=大阪市北区のグランフロント大阪で2019年8月19日午前11時3分、鈴木健太撮影
新オフィスのオープニングセレモニーであいさつするコニカミノルタの山名昌衛社長=大阪市北区のグランフロント大阪で2019年8月19日午前11時3分、鈴木健太撮影

 「経営統合前のミノルタ時代から関西にも地盤を置いてきたDNAを引き継ぎ、歴史の新たな一ページを開きたい」。今月中旬に大阪市で開いた梅田オフィスのオープニングセレモニーで、コニカミノルタの山名昌衛社長(64)は力強く宣言した。

 梅田オフィスは、ミノルタ時代から続く大阪府高槻市の開発拠点の前線基地として今月スタートし、技術者ら…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

あわせて読みたい

ニュース特集