メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンビニ7月売上高2.5%減 7Pay影響「測りようがない」

セブン-イレブンのロゴ

[PR]

 日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した7月の主要コンビニ7社の既存店売上高は前年同月比2・5%減の9170億円となり、2カ月連続で前年を下回った。梅雨明けが遅く気温が低かった影響で、冷たい飲料やアイスクリームなどの販売が不振だった。新規出店も含む全店売上高も0・6%減となり、6年5カ月ぶりのマイナスだった。

ファミリーマートのロゴ

 天候不順で行楽需要も伸び悩み、既存店の来店客数は4・7%減と落ち込んだ。雨天を避けたまとめ買いもあったため、1人が1回で使う平均額は2・3%増だったが、全体では前年割れだった。

ローソンのロゴ

 大手3社が発表した7月の既存店売上高は、セブン―イレブン・ジャパンが3・4%減、ファミリーマートは1・7%減、ローソンも2・3%減だった。セブンのマイナスは2カ月連続。セブンの全店売上高も9年4カ月ぶりの前年割れとなる1・2%減だった。7月1日に始まったスマートフォン決済サービス「セブンペイ」が不正利用された影響は「測りようがない」(広報)としている。【本橋敦子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです