SNSで香港デモ巡り政治的対立あおる投稿繰り返したアカウント削除 中国政府関与の疑いも

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
18日のデモでは「良知」(人間が生まれながらに持つ知恵や良識)を訴え、暴力的な行為をいさめるプラカードも多く掲げられた=香港中心部のビクトリア公園で2019年8月18日午後2時41分、福岡静哉撮影
18日のデモでは「良知」(人間が生まれながらに持つ知恵や良識)を訴え、暴力的な行為をいさめるプラカードも多く掲げられた=香港中心部のビクトリア公園で2019年8月18日午後2時41分、福岡静哉撮影

 米ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のツイッターは19日、香港で続く大規模な抗議デモを巡り、政治的対立をあおる投稿を繰り返したとして、中国から発信された計936件のアカウントを削除したと発表した。米フェイスブック(FB)も同日、ツイッターからの情報をもとに同様のアカウントを削除。両社は一連の投稿が、中国政府の関与した情報操作の疑いがあるとしている。

 両社の発表によると、削除されたアカウントでは、建物のガラスを割るなどのデモ隊の写真とともに「香港にこのような過激な連中はいらない。ここから出て行け」とツイートしたり、ヘルメットとガスマスクで身を固めたデモ隊を中東の過激派組織「イスラム国」(IS)メンバーと比較する写真を投稿したりしていた。

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文682文字)

あわせて読みたい

注目の特集