メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7初 首脳宣言見送りへ 自由貿易、イラン情勢、気候変動…米欧隔たり大きく

トランプ米大統領=AP

 フランス南西部ビアリッツで24~26日に開かれる主要7カ国首脳会議(G7サミット)で、例年発表される首脳宣言の作成が見送られる方向だ。自由貿易や気候変動を巡り、米国と欧州各国の意見の隔たりが大きいため。首脳宣言が作成されなければ、1975年の第1回サミット以来初めてとなる。

 サミットには安倍晋三首相やトランプ米大統領、ジョンソン英首相らが出席し、開催国のマクロン仏大統領が議長を務める。「不平等との闘い」を中心テーマに、自由貿易、イラン情勢、環境、難民問題などを協議する。

 自由貿易では保護主義の傾向を強める米国との調整が難航すると予想される。さらに、今回はイラン情勢も焦…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文858文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです