メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7揺らぐ結束 亀裂ますます深刻に 首脳宣言見送りへ

 フランス南西部のビアリッツで24~26日開かれる日米欧の主要7カ国首脳会議(G7サミット)で首脳宣言の採択が見送られる方向になった。保護主義的な通商政策を進め、地球温暖化対策にも後ろ向きなトランプ米大統領と、他の6カ国の首脳の間で合意点を見いだせない状況になっているためだ。米国とイランの対立で中東情勢も緊迫化し、イランを巡る各国の複雑な外交関係を背景に、G7の亀裂はこれまでよりも深刻さを増している。

この記事は有料記事です。

残り2687文字(全文2889文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  4. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです