メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

路上に暴力再び EU離脱問題で不穏な空気に包まれる北アイルランド

カトリック系住民の多い中心部(奥)とプロテスタント系住民の多い地域(手前)とをつないだ「ピースブリッジ」=英領北アイルランド北部ロンドンデリーで2019年6月30日、服部正法撮影

 欧州連合(EU)からの離脱強硬派のジョンソン英首相が就任し、「合意なき離脱」への懸念が強まる英国のEU離脱問題。英国とEUとの合意を阻む最大の壁が、英領北アイルランドとEU加盟国アイルランドとの国境の扱いだ。双方の折り合いがつかずに将来への不安が募る中、北アイルランドではアイルランドとの併合を目指す武装勢力による記者射殺事件が発生。治安情勢の悪化を懸念する声も広がっている。【ロンドンデリー(北アイルランド北部)で服部正法】

 「IRAはここにいる!」。道路脇の壁にそんな文言が塗料で書き殴られていた。北アイルランド第2の都市…

この記事は有料記事です。

残り2374文字(全文2638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです