メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島土砂災害5年 次女夫婦失った遺族が祈り 慰霊碑を訪ねて

未明に現場近くの慰霊碑を訪れた湯浅みなみさんの父若松順二さん(左)と母直美さん=広島市安佐南区で2019年8月20日午前2時半、山田尚弘撮影

 災害関連死を含む77人が死亡した広島土砂災害は20日、発生から5年を迎えた。最も多い53人が死亡した広島市安佐南区八木地区では20日未明、次女夫婦を失った香川県東かがわ市の会社員、若松順二さん(56)と妻直美さん(57)が祈りをささげた。

 5年前、集中豪雨に見舞われた八木地区では、住宅地の近くの阿武山(標高586メートル)で土石流が起きた。アパート「ルナハイツ」が1棟ごと流され、1階に入居したばかり…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです