メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「命」テーマに講演会開催へ 尼崎脱線事故被害者、縁続く乗客宅で

講演会に向けて打ち合わせをする(左から)浅野千通子さん、小椋聡さん、朋子さん夫妻=兵庫県宝塚市で、平川義之撮影

 乗客106人が死亡した2005年4月のJR福知山線脱線事故で瀕死(ひんし)の重傷を負い、心の病にも苦しんだ浅野(旧姓・宮崎)千通子さん(41)=兵庫県宝塚市=が24日、「命」をテーマに講演する。会場は、事故の際に偶然、同じ車両に乗り合わせ、助けを求めた小椋聡さん(49)の同県多可町の自宅だ。事故後14年を経ても不思議な縁で結ばれた2人は「講演が、人生に行き詰まっている人たちへのエールになれば」と話す。【生野由佳】

 浅野さんはあの日、最も多くの犠牲者を出すことになる列車2両目に乗車した。事故で車両は「く」の字の形に曲がり、何人もの乗客が重なり合うように倒れて浅野さんはその下敷きに。わずかに首から上だけが動かせ、「死」という言葉も頭をよぎった。その時、車外に出ていた1人の男性と目が合った。

この記事は有料記事です。

残り893文字(全文1241文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国軍機、台湾識別圏進入 異例の28機 米、圧力停止を要請

  2. インド農民、デモ2カ月 自由化反対、打開策見えず

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです