紀伊半島豪雨から8年 奈良・十津川村で慰霊祭

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
紀伊半島豪雨の犠牲者の冥福を祈り、献花する奈良県十津川村立十津川中の生徒たち=同村で2019年8月20日午前11時46分、萱原健一撮影
紀伊半島豪雨の犠牲者の冥福を祈り、献花する奈良県十津川村立十津川中の生徒たち=同村で2019年8月20日午前11時46分、萱原健一撮影

 2011年9月の紀伊半島豪雨から8年を迎えるのを前に、死者・行方不明者が13人に上った奈良県十津川村が20日、紀伊半島森林植物公園(同村小川)で水害慰霊祭を開いた。

 慰霊祭には遺族7人を含む約200人が参列し、村立十津川中の3年生21人が「歴史と伝統を大切に」という村民憲章を唱和した。更谷慈禧村長は「急峻(きゅうしゅん)な地形の村にとって厳しい課題だが、村民が安心安全に暮らせるよう一致団…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

あわせて読みたい

注目の特集