自然に囲まれリラックス、IT駆使し効率アップ…「キャンプ場でワーケーション」という働き方改革

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ノマドワークセンターのワークスペース。外には自然が広がっている=長野県信濃町野尻で2019年8月15日午後4時48分、島袋太輔撮影
ノマドワークセンターのワークスペース。外には自然が広がっている=長野県信濃町野尻で2019年8月15日午後4時48分、島袋太輔撮影

 ワーク(仕事)とバケーション(休暇)を組み合わせた働き方「ワーケーション」が広まっている。6月、長野県信濃町のキャンプ場内に開業した「ノマドワークセンター」は自然に囲まれた環境で、リラックスして働けるのが売りだ。夏バテ気味の記者がスーツを脱ぎ捨て、信州ならではのアウトドアなワーケーションを体験してみた。【島袋太輔】

 黒姫山(2053メートル)を望む同町野尻の「やすらぎの森オートキャンプ場」。長野市から車で約50分の距離だ。風に揺られた木々が広がり、家族連れが茶色や緑色など色とりどりのテントを張りキャンプを満喫している。それを横目に、一角のワーケーション施設を訪ねた。普段はスーツを着ている記者も半袖に半ズボン、サンダルとバカンス気分だ。

この記事は有料記事です。

残り1414文字(全文1736文字)

あわせて読みたい

注目の特集