メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

 アイフォーンなどに突然、わいせつな画像が送り付けられる「エアドロップ痴漢」。被害にあったという声はSNS(ネット交流サービス)などインターネット上に書き込まれ、各地で被害が相次ぐ実態が浮かんでいる。

 ITジャーナリストの三上洋さん(54)によると、電車など車両内で被害者の反応を見て楽しもうとするいたずら目的が多い。設定によっては端末に登録した氏名が犯人に伝わることから、女性とみられる名前だと…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  5. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 知事、米軍に感染者数公表、一部封鎖求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです