在留資格取り消し過去最多 昨年832件、前年比倍増 取り締まり強化で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
法務省=本橋和夫撮影
法務省=本橋和夫撮影

 出入国在留管理庁は20日、昨年1年間の外国人の在留資格取り消し件数が832件(前年比447件増)に上り、過去最多だったと発表した。留学生や技能実習生が大半を占め、学校を除籍されたり、実習先から失踪したりした後、アルバイトなどをしながらとどまるケースが多いという。

 入管法の在留資格取り消し制度は2005年に始まり、取り消し件数は16年に294件、17年には385件だった。昨年は前年と比べてほぼ倍増し、同庁は、17年1月に施行された改正入管法で、在留資格に応じた活動をせずに他の活動をして…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文613文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集