特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

熱戦を終えて~監督・主将コメント

初の決勝決めた履正社 野口主将「日本一が手が届くところまで来た」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
決勝進出を決め、アルプス席の応援団へあいさつに向かう履正社の選手たち=阪神甲子園球場で2019年8月20日、玉城達郎撮影
決勝進出を決め、アルプス席の応援団へあいさつに向かう履正社の選手たち=阪神甲子園球場で2019年8月20日、玉城達郎撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は第13日の20日、準決勝第1試合で履正社(大阪)が7-1で明石商(兵庫)を降し、初の決勝進出を決めた。履正社の野口海音主将は「岩崎の完投は大きい。本塁打を打たれた時も「まだ1点」と思って、切り替えられた」と好投の2年生の。野口主将の主な談話は次の通り。【柴山雄太】

何としてもあと1勝したい

初回にあれだけ得点できたことが勝因だと思う。岩崎(投手)も九回をよく投げ切ってくれた。球速もあり、変化球もよく、この…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文555文字)

関連記事

あわせて読みたい