特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

戦う前からのまれていた 明石商・中森、敗戦は新たな戦いのスタート「必ず戻る」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【履正社-明石商】決勝進出を決め喜ぶ履正社の選手たちと、残念そうな表情を見せる明石商先発の中森(左)=阪神甲子園球場で2019年8月20日、幾島健太郎撮影
【履正社-明石商】決勝進出を決め喜ぶ履正社の選手たちと、残念そうな表情を見せる明石商先発の中森(左)=阪神甲子園球場で2019年8月20日、幾島健太郎撮影

 ○履正社(大阪)7-1明石商(兵庫)●=20日・甲子園(第101回全国高校野球選手権大会・準決勝)

中森俊介投手(明石商・2年)

 今大会全4試合で2桁安打を放った履正社打線に、戦う前からのまれていたのかもしれない。「警戒し過ぎて、力みがあった」

 立ち上がりから球が浮き、直球の伸びを欠いて一回に4失点。五回1死二塁から7番・野口に外角高めの141キロ直球を捉えられて右前適時打を浴び、決定的な…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る