特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

超高校級投手との出会い、今後の糧に 中京学院大中京・藤田、涙とともに甲子園を後に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【中京学院大中京-星稜】選手たちに指示をする中京学院大中京の藤田=阪神甲子園球場で2019年8月20日、玉城達郎撮影
【中京学院大中京-星稜】選手たちに指示をする中京学院大中京の藤田=阪神甲子園球場で2019年8月20日、玉城達郎撮影

 ○星稜(石川)9-0中京学院大中京(岐阜)●=20日・甲子園(第101回全国高校野球選手権大会・準決勝)

藤田健斗捕手(中京学院大中京3年)

 主将として、4番として、プレーで仲間を引っ張りたかったが、できなかった。一回、高畠の中前打などで2死一塁の場面で打席に。星稜の本格派右腕・奥川がスライダーで攻めてくると読んでいたが、外角低めのボールになるスライダーに空振り三振。チームで「見極めよう」と確認していた球だ…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る