特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

中京学院大中京・藤田主将 高校No.1捕手が到達した「個々の強み生かすリード」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【中京学院大中京-星稜】ベンチ前に並んで声を出す中京学院大中京の藤田健斗主将(右端)=阪神甲子園球場で2019年8月20日、玉城達郎撮影
【中京学院大中京-星稜】ベンチ前に並んで声を出す中京学院大中京の藤田健斗主将(右端)=阪神甲子園球場で2019年8月20日、玉城達郎撮影

 第101回全国高校野球選手権大会で、中京学院大中京(岐阜)は東海大相模(神奈川)や作新学院(栃木)など強豪校を次々と倒し、初のベスト4進出を果たした。準決勝は星稜(石川)に敗れたが、藤田健斗主将(3年)は「持てる力以上のものを出し切って負けたので、悔いは無い」と語った。

 4月上旬にU18(18歳以下)日本代表候補に選ばれ、大船渡(岩手)の佐々木朗希投手(3年)が投げた163キロの豪速球を受けた捕手として話題になった。「佐々木投手は、マウンドに立った時のオーラが今まで見た選手とは全く違った。芯の強さを感じた」。この時、治りかけだった左手人さし指の付け根の傷が裂けた。それ以降は「普通の投手のボールが止まっているように見えた」と話し、1…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文800文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る