メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

白河 桃子・評『よかれと思ってやったのに 男たちの「失敗学」入門』『「家族の幸せ」の経済学』

◆『よかれと思ってやったのに 男たちの「失敗学」入門』清田隆之・著(晶文社/税別1400円)

◆『「家族の幸せ」の経済学 データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実』山口慎太郎・著(光文社新書/税別820円)

 先日、20~40代の若手起業家が集まる合宿に参加した。社会問題解決への高い志を持った人たちとの2日間はすごく楽しかった。真面目な話題だけでなく女子トークも盛り上がる。驚いたのは、ソーシャル女子の間で「ペアーズ」等のマッチングアプリが婚活ツールとして広まっていること。友人たち(30代からアラフィフまで)が最近ペアーズで出会い結婚しており、興味を覚えて経営層に会ったことがある。技術への自信が窺(うかが)えるITベンチャーで、アルゴリズムの話など面白かった。

 マッチングアプリには家事分担を入力する欄があり、「積極的にやる」「半々」「手伝う」などの選択肢があるそう。女性で「手伝う」を選ぶ人はあまりいない。男性で、「半々」とか「自分が積極的にやる」を選んでいる人とは「すごく合う」とある女性が言っていた。そんな男性は少数なので、相手を絞りやすい。これが良い出会いのコツ。なるほど!

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 関ジャニ∞ 安田章大の写真集発売が決定 脳腫瘍の闘病中の写真も収録「僕に触れてみて」

  2. アップルがアプリストアから「フォートナイト」削除 手数料巡り「バトル」激化

  3. 「びっくりした」 おぎやはぎの小木さんが初期の腎細胞がんで一時休養を発表

  4. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです