メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

豪華霊きゅう車、海外走る モンゴルなど文化にマッチ 葬儀簡素化、日本では激減

宮型霊きゅう車をモンゴルに寄贈し、感謝状を受け取る荒木由光さん(右)=2006年、荒木さん提供

 豪華な装飾が施された「宮型霊きゅう車」。国内では葬儀の簡素化の影響などで減っているが、外国で人気という。一体なぜ?【山口朋辰】

 霊きゅう車の起源は、ひつぎを輿(こし)に乗せ、列を組んで運ぶ「野辺送り」にある。国際日本文化研究センターの井上章一教授によると、郊外の火葬場の増加などに伴ってひつぎをトラックで運ぶようになり、1910年ごろに米国製の霊きゅう車が登場。30年ごろまでに国産が普及した。

 しかし、「当時の人々にはにぎやかな野辺送りへの未練と近代化への抵抗があった」(井上教授)。このため…

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1051文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです