メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦後74年・表現者たちの夏

/3 「普通の人」の歴史を

資料について説明する慶応大福澤研究センター准教授の都倉武之さん(右から2人目)=大阪市北区で

 1932年のロサンゼルス五輪と36年ベルリン五輪。戦前開催された二つの五輪では、慶応大にゆかりのある選手たちが多く出場し、金メダルを獲得するなど活躍した。しかし、そのうちの9人が後の戦争によって命を奪われている。今夏、慶応大阪シティキャンパス(大阪市北区)で開催された特別企画展「忘れられた戦争のカケラ」では戦没オリンピアンのメダルやユニホーム、日記、書簡などが展示された。

 「『明日も試合だけど飲んじゃおう』などと書かれていて、若者らしい姿が見えてくる。戦争の時代を身近に感じてくれるきっかけを学生にも与えられるのではないかと思っています」。慶応義塾福澤研究センター准教授の都倉武之さん(39)は展示資料を前に、現代と変わらない、戦没した若者の実像を解説した。

この記事は有料記事です。

残り1087文字(全文1419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです