メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード 女優のん、「私の恋人」の輝き!=中森明夫

舞台「私の恋人」の一場面。(左から)渡辺えり、のん、小日向文世=撮影:写真家の二石友希

 酷暑の8月7日、昼下がり、電車を乗り継いで東京都東大和市へと行った。汗ダラダラで駅から市民会館のホールへ向かう。暑さに弱い私は死にそうになった。いや、それでも行かねばならない。絶対に。そう、女優のん、の初舞台を観(み)るために!

 「私の恋人」のプレビュー公演だ。渡辺えりの脚本・演出で、渡辺と小日向文世、のんの3人の舞台である。原作は上田岳弘の三島由紀夫賞受賞作。上田は今年、芥川賞を受賞した現代文学の俊英である。世界文学の最先端の水準で言葉を操り、魅力的な物語を紡ぐ。

 旧石器時代の洞窟で未来のテクノロジーを予見する始源の人類である1度目、ナチスの収容所で理想の恋人を…

この記事は有料記事です。

残り1394文字(全文1680文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです