メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

唐沢寿明 ドラマ「ボイス 110緊急指令室」樋口彰吾役 真相へ走る「狂犬」

ドラマ「ボイス 110緊急指令室」樋口彰吾役(日本テレビ系=土曜午後10時)

 走る場面がとにかく多い。車で逃げる犯人を全力疾走で追いかける場面もあった。「若々しい」と感想を伝えると、「年相応の役をやりたいですよ。普通の大人は全力で走らないでしょう?」とぼやいて笑わせた。

 横浜の警察署が舞台のドラマ「ボイス 110緊急指令室」で主人公の敏腕刑事、樋口を演じる。勘は鋭いが、言葉や行動が荒っぽく「ハマの狂犬」と呼ばれている。3年前、妻未希(菊池桃子)が何者かに襲われ、110番通報の最中に殺害された。「犯人は誰か。なぜ妻は殺されたのか。日々起きる事件に対処しながら、真相に迫ろうとする男です」

 原作は韓国のテレビドラマ。真犯人と思われた人物が殺されたり、警察幹部が真相を隠している気配があったりと、物語の展開は目まぐるしい。「樋口の怒りや悲しみが忘れられないよう、台本にないせりふを提案することもある」という。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです