メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

プロの熱い戦場、これからも 「さんまのお笑い向上委員会」チーフプロデューサー 大江菊臣さん

 2015年に始まったフジテレビ系「さんまのお笑い向上委員会」(土曜午後11時10分)は司会の明石家さんまが「お笑い向上長」として共演者のトークを引き出し、笑いを作り上げるお笑いバラエティー。出演者はアシスタント役の同局アナウンサーを除き、全員が芸人だ。「トークという戦場で芸人さんが笑いを取り合うために戦う、というのが番組が始まってからのテーマ」と話す。

 さんま以外に、スタジオのひな壇に座る芸人やゲストら毎回約20人が出演。最近のニュースやゲストにまつわるエピソードなどについて、さんまらがネタを振り、芸人がそれぞれボケるというのが基本的な流れだ。通常のバラエティーと同様、収録前にスタッフが大まかな番組の構成を組み立てるが、実際はさんまの采配に頼る面が大きいという。

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです