メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

ケニアのプラごみ

 「こんなにきれいだった?」。旅行で先日訪れたケニアのマサイマラ国立保護区。世界中で問題になっているプラスチックごみが見当たらない。私が初めてケニアに行った四半世紀前には、飲用水のプラ製ボトルやレジ袋が野生動物の楽園である保護区内にも捨てられ、驚いたことを覚えている。

 プラごみが減った理由は「世界一厳しい」と称されるレジ袋の禁止法だ。20…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです