メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

福岡力の舞台

 演劇を鑑賞し、感動で涙が止まらなくなることがある。今春、博多座(福岡市)で上演された「めんたいぴりり~博多座版~未来永劫(えいごう)編」がまさにそれだった。福岡を舞台に、辛子(からし)明太子作りに命をかけた男の半生を描く。物語は博多華丸さん演じる主人公が病床に伏し、あの世に旅立とうとする場面から始まる。その姿が2年前に亡くなった私の義父の最期と重なり、泣けて仕方なかっ…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペナルティのワッキーさん、中咽頭がん治療のため一時休養

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 ブス、ばか…はるかぜちゃんが受け続けてきた悪意 選んだのは「訴訟」

  3. アーモンドアイ「8冠」ならず 国枝調教師「ため息しか出ない」 優勝はグランアレグリア GⅠ安田記念

  4. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  5. 「アベノマスク」どう使う? 宮城の配布率20~30%「宣言解除後に届いても…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです