メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角ワイド

扉の向こうは昭和初期 手動エレベーター人気 函館旧市街地・西部地区 /北海道

手動式エレベーターの前で記念撮影する観光客=北海道函館市で

 歴史的な建造物が並ぶ函館市の旧市街地、西部地区に、今では珍しい手動操作のエレベーターに乗れる建物がある。設置された昭和初期のレトロな雰囲気を楽しめると、ひそかな人気を集めている。

 白い外壁と緑色の円屋根が特徴の建物は、1923(大正12)年建築の旧百貨店「丸井今井呉服店函館支店」。現在は市地域交流まちづくりセンターとして使われている。1~5階を結ぶエレベーターは東洋オーチス(現日本オーチス・エレベータ)製で、1930(昭和5)年に設置。34年の函館大火で焼失後、設置し直した…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです